気が向く時しか気が向かない

気まぐれなオタクが色々な話をします。

嘆くべきは“推しの結婚”ではなく“推しの引退”に繋がる結婚という気付き

昨日、三次元の推しの結婚に関する記事を書いた。

mmr-ns.hatenablog.com

更新後にTwitterを見ていたら、フォロワーさんが「私の好きな女優は2人とも結婚して引退した」という旨のツイートをしていた。

完全に、盲点だった。


私は前の記事で、以下のように述べた。

私は「いつも応援してくださる皆さんへ」の内容が結婚報告なら、活動休止や芸能界引退、グループ解散等よりはよっぽど良いと思っている。

結婚しても変わらずパフォーマーとして活躍してくれるというなら、推しが結婚したっていいのだ。

私の中に、推しの結婚が推しの引退に繋がるなどという考えが一切なかったことに、はっとさせられた。
活動休止や芸能界引退、グループ解散等よりは結婚の方が良い、という考えは、それらと結婚が同時に来るということなどまるで想定していない考えだった。


私の推しは、EXILEパフォーマーだ。
グループには既に結婚しているメンバーもいるが、結婚を期に芸能界から引退したという人はいない。
EXILEの初期メンバーたちはパフォーマー勇退こそしているが、そのタイミングは結婚とは関係ないし、今もそれぞれ活躍しておりファンの目が届くメディアの場に出てきてくれている。

だからこそ、推しが結婚したら推しが活躍する姿を見られなくなるかも、という発想に至らなかった。
結婚しても今までと変わらず活動してくれるのなら、結婚したって構わない、と思っていた。


そう思っていたのは、推しが男性芸能人だから、というのが大きいだろう。
先にEXILEで結婚している人の例を挙げたが、EXILEのメンバーは全員男性である。
正確な数はわからないが、男性芸能人に比べたら女性芸能人の方が、結婚を期に引退する人は遥かに多いように思える。
これは芸能界に限った話でなく、結婚を期に仕事を辞めるという人は、男性より女性に多いと思う。

結婚後の仕事についての性差に話を広げると収集がつかなくなりそうなので芸能人の結婚についてに話を留めるが、やはり女性芸能人と男性芸能人とでは結婚後の活動に差が出るように思う。
もちろん結婚しても変わらず活動を続ける女性芸能人の方も少なくはないと思う。
世に出ている女優やアーティストその他の女性芸能人が全て独身であるはずがない。

しかし、恋愛禁止を掲げる女性アイドルのように、結婚後の活動が難しい例もあるだろう。
その例は極端だが、アイドルでなくても様々な理由から結婚というタイミングで芸能界を離れる女性は少なくなさそうだ。

推しが男性芸能人である私は、結婚報告をスピンオフ作品の制作発表だと思っていた。
推しが女性芸能人の場合、結婚報告はスピンオフどころか作品本編の連載終了になり得るなんてことを完全に見落としていた。


推しが結婚したことで引退するだなんて考えもしなかったから、推しが結婚したっていいと言えた。
しかし結婚を期に引退等と言い出したら話は別だ。
それはもう、後生だから結婚してほしくない。

しかしそれは“結婚してほしくない”を建前とした“引退してほしくない”という感情だ。
推しの結婚が引退に繋がるのだとしたら、私も推しの結婚を、結婚相手を憎んでしまうかもしれない。
しかし逆に、引退に繋がらない結婚なら、嘆く必要等どこにもないのではという気さえしてきた。
推しの引退の理由は何も結婚に限らない。
引退せず活動を続けてくれると言うのなら、正直何だっていい。
配偶者のご飯を美味しく食べて元気にパフォーマンスしてくれるのならそれでいい。


そう考えると、前の記事でも挙げた「でも幸せならOKです」の彼はとても強いと思う。

でも幸せならOKですとは (デモシアワセナラオッケーデスとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

彼は推しの結婚にショックを受けながらも推しの幸せを願うファンの鑑としてネット界隈では有名だ。
そんな彼の推しは、眞子様ーー秋篠宮家の長女、眞子内親王だ。
推しが女性皇族。
推しの結婚が推しの引退に直結する最たる例ではないかと思う。

ご結婚された女性皇族の方は、皇族から離れ民間人となる。
皇族として公の場に姿を現すことがなくなる。
芸能人で言うところのグループから脱退しての芸能界引退に等しいと思う。

色々と報道されている通りまだ正式にはご結婚されていないので、眞子様は今現在皇族でいらっしゃるが、民間人となれば皇族としてのメディア露出が一切なくなる。
今後他の女性皇族の方がご結婚される際に、過去にご結婚された方としてニュースで取り上げられることはあるかもしれないが、おそらくそれは新規映像ではない。

それなのに、推しの結婚=推しの引退であるとわかりきっているはずなのに、カメラに向かって「でも幸せならOKです」を言えた彼は、本当に強いと思う。


一口に「推しの結婚」と言っても、その後の展開は推しの数だけある。
まだ「推しの結婚」を経験したことのない身で語っても上辺だけの言葉になってしまう気もするが、自分が本当に嘆くべきは何なのか見極めておきたい。

今はただ、多くを求めすぎず、推しが活動してくれていることに感謝したいと思う。
いつも元気に活躍する姿を見せてくれて本当にありがとう。
推しの活動期間が1分1秒でも長く続くことを祈って止まない。

いつも応援してくださる皆さんへ

というタイトルが苦手だという芸能人ファンは少なくないと思う。
三次元に推しがいる人にとって「チケットをご用意することが出来ませんでした」と並ぶくらい目にしたくないフレーズかもしれない。

芸能人のブログ等のこういう改まったタイトルの記事で報告されることと言えば、結婚だったり、活動休止だったり、はたまた引退、解散など、ファンにとって喜ばしくないニュースである可能性が低くない。
結婚というのは当人にとっては幸せなことであるはずだが、ファンの立場からすると複雑なものだ。

私も三次元に推しが出来て、その問題について考えたことはある。
推しが結婚した時、自分はどうあるべきか、いや、どういられるのか、どうなってしまうのか。
何しろ全身全霊かけて推したい三次元の人物がいるという状態が初めて経験することなので、正直よくわからないのだ。


パワーワード量産コラムニストとして名高いカレー沢薫先生が、自身のコラム連載の中で三次元の推しの結婚について触れていた。

www.gentosha.jp

確かに可能性はゼロに近いが、お互い同じこの腐敗した世界に堕とされたゴッズチャイルド同士な時点で完全にゼロではないのだ。
推しが二次元なら腐敗した世界に堕ちてんのは自分だけなので「もしかしたら」を考えずに済む。
ゼロでないから、推しが結婚しゼロになった瞬間を悲しまなければいけないのだ。


確かに仰る通りなのだが、読んでみて私は三次元の推しに対してワンチャンあるとの感情をあまり抱いていないなと気がついた。
完全にゼロではないとは言っても、やはり限りなくゼロに近いのだ。
「そうは言っても、もし推しと結婚出来るならどうする?したいでしょ?」などと聞いてくる輩がいたら、それは1億円をくれもしない人が「もし1億円あったらどうする?」などと聞いてくる行為と同じだ。
そんなことは1億円(非課税)を用意してから言ってほしい。
よって「推しと結婚出来るならどうする?」という質問を私にするなら、まず小林直己とのお見合いをセッティングしてからにしてほしい。
そんなセッティングはまず成立しないとわかっているので、その質問に回答する意味がそもそもないということだ。


ワンチャンあるとは思っていないなら、何が推しの結婚を悲しむ理由となるのか。
自分が結婚出来ないのは別にいいけれど、それなら他の誰とも結婚してほしくない、という感情はあるかもしれない。
推しが特定の誰かのものになってしまったら寂しいという感覚が自分の中にないとは言い切れない。


しかしその一方で、私は推しに対してさっさと結婚してくれという気持ちを持っていないこともない。
これは強がりとかではなく、純粋に、『旦那 小林直己』、『父親 小林直己』などのスピンオフが見たいのだ。
生きてるだけでスピンオフな三次元の推しに対して、夫としての一面や親としての一面といった本編では見られないスピンオフ展開を期待せずにはいられない。
子は授かり者だし、そもそも推しのパートナーが異性とも限らないので、やれ結婚は、やれ子供は、などと外野が軽々しく言うことなど出来ないが、叶うものなら『祖父 小林直己』だって見たいと思っている。


それに私は「いつも応援してくださる皆さんへ」の内容が結婚報告なら、活動休止や芸能界引退、グループ解散等よりはよっぽど良いと思っている。

私の推しは、かつて発達性脊柱管狭窄症を発症しその治療の為に活動を制限していたことがある。

EXILE・NAOKIが発達性脊柱管狭窄症で活動制限を発表 4月ツアーで復帰予定 | ORICON NEWS

私が彼を知り推し始めるよりもだいぶ前の話で、私が推しに出逢った時にはとうに復帰してパフォーマンスをしていたが、私の推しに限らず、生きている人間である以上ずっと健康な保証はどこにもない。
そう考えると、過去に手術を要するほどの治療を経験している推しであるからこそ一層、「結婚!?よかった!!怪我とか病気じゃなくて!!!!」と思える気がする。

結婚しても変わらずパフォーマーとして活躍してくれるというなら、推しが結婚したっていいのだ。
そもそも推しの生活を24時間見ているというわけではない。
ライブ後に帰宅した推しが食べるご飯が自炊飯であろうと嫁の作ったものであろうと、変わらずライブパフォーマンスをしてくれると言うなら何だっていいのだ。


なんて言ってはみるものの、実際にその時を迎えたらどうなるかはわからない。
スピンオフの供給を喜ぶ反面、1週間くらい寝込んで仕事を休むかもしれない。
これを読んでいるリア友がもしいたら、その時は私にこの記事のURLをLINEで送ってくれ。
この記事を読んで推しの結婚に動じない心を呼び戻すーー為の良い案だと思ったが、駄目だ。
自分がつけた記事タイトルの「いつも応援してくださる皆さんへ」というフレーズを見て寝込む期間が倍に伸びるに違いない。

いざという時にカメラに向かって「でも幸せならOKです」と言えるくらいに、今のうちから精神力を鍛えておきたい。dic.nicovideo.jp

とんこつラーメンと私

東京生まれ東京育ちの私が初めてとんこつラーメンを食べたのは、社会人になってからだった。
正確には博多ラーメンというのだろうか。
細麺の硬さを選べて、替え玉なんか頼めちゃったりするあれだ。
博多ラーメン - Wikipedia


新卒で入社した会社を1年で辞めた後、就職活動をしつつ資格取得の為の講座に通っていた。
朝から昼頃までの授業を受けて、家に帰ってから昼食を取る日もあれば、空腹に耐えきれず無職の身でありながら外で食べて帰る日もあった。

その講座の教室の近くに、とんこつラーメンの店があった。
ある日の授業帰りに、たまにはラーメンでも食べるか、と寄ってみることにした。
ラーメン屋にしては小綺麗な、カウンター席だけのこぢんまりとしたお店で、昼時の時間帯から少しずれていたからかそんなに混んでもおらず、比較的入りやすい印象だったと記憶している。
今日はとんこつラーメンデビューをするぞ!等と意気込んで暖簾をくぐったわけではなく、ただなんとなく、たまにはラーメン、と思っただけで、とんこつラーメンの何たるかも実はよくわかっていないような状態だった。

麺の硬さを聞かれて初めてのことに戸惑いながら普通を頼み、替え玉を頼む等という馴染みのない行動をいきなり取れるわけもなく、1玉食べただけで出てきたが、初めて食べるとんこつラーメンは美味しかった。
自分がラーメンと聞いて思い浮かべる太麺の醤油ラーメンや味噌ラーメンよりも、この細麺の食感はむしろ好みかもしれないとさえ思った。


しかし、その後その店に通い詰めるようなことは特になく、講座を通い終え、再就職も決まった。
就いた仕事が営業職だった為に昼食は基本的に出先で食べる日々となった私は、会社から営業エリアまでの道中で一蘭に出会ってしまう。

久しぶりに食べるとんこつラーメンに、やっぱり好きだなと思った。
一蘭の特徴として、自習室の如くカウンター席が壁で区切られている上に注文が全て紙で出来るというコミュ障にも優しい設計がありがたい。
その仕事も今は辞めてしまい別の仕事をしているが、仕事を辞める直前のストレスマックスの頃にはもうしょっちゅう一蘭に行ってはとんこつラーメンに癒やされていた。
一蘭以外のとんこつラーメンの店を発掘して赴くこともあり、替え玉文化にも慣れた。


今は内勤の仕事をしていて、仕事の日にとんこつラーメンを食べるということはなくなったが、たまに休日に食べに行くことはある。
食券や一蘭のような注文用紙がない店でも「ラーメン、カタで」、「替え玉、カタで」とさらっと頼めるくらいには成長した。
はじめの頃こそ普通の硬さを選んでいたが、回数を重ねるうちにカタくらいが好みだとわかったきた。
替え玉のカタを頼む頃にはスープの温度が少し下がってくるので、1玉目のカタより替え玉のカタの方が少し硬く、食感の違いを楽しめるのもまたいい。


ところでなぜとんこつラーメンとの出会いを語り出したのかというと、今日の昼休みにローソンのとんこつラーメンを食べたからだ。

とんこつラーメン(税込み498円)

とんこつラーメン|ローソン


最近の昼食は基本的にはご飯のみ持参しておかずをコンビニで買うスタイルを取っているが、ご飯を持参しない日もあり今日はその日だった。

レンチンだけで食べられるスープのシリーズのようにこれを容器ごとチンでラーメンが食べられるのか、すごいな、と思いつつ、でもお店のようなとんこつラーメンを期待してはいけないんでしょう?そもそもこの麺はカタなの?やわなの?それともバリカタ?と、期待はせずに購入した。

期待しなかった割にはなかなか美味しいと思った一口目だったが、一杯食べ終わる頃には、やっぱりお店のとんこつラーメンでないとダメだなあと思った。
麺の硬さは普通といったところだった。
替え玉がないのも寂しい。

とんこつラーメン好きにはあまりオススメしない商品かなという感想だ。
代替的なものでもいいからとにかくとんこつラーメンに近いものが食べたいという人には良いかもしれないが、とんこつラーメンが大好きな人は普通に店で食べた方が良いと思う。

そんなわけで私はとんこつラーメンはラーメン屋で食べることにして、コンビニで買うのはお気に入りのスープシリーズにしておこうと思う。

自分が純粋に楽しむことが布教への1番の近道

オタクというのは、自分の好きなものを人に勧めがちな生き物だ。
自分の好きなものに興味を示してくれる人がいれば、時に見守り、時に取り囲み、ハマってくれたとあれば新たな同志を歓迎する。
同担拒否と呼ばれるような一部の人を除けば、自分の好きなものを好きな人が増えることはオタクにとって喜ばしいことだろう。

それゆえオタクはしばしば好きな作品の布教活動に勤しむ。
しかし「○○を観てください!/読んでください!」といった直接的な布教は、効果が実らないことがあるどころか、時として逆効果になることもある。
あまりに観ろ観ろ読め読め言われては、逆に手を出す気が失せてしまうというものだろう。
人には人のタイミングというものもある。


それとは逆に、布教のつもりでない行動が意図せずして布教に繋がることもある。
私自身がハマった例として、Twitterでフォローしている人が好きな漫画のキャラのイラストをよく描いていて、そのキャラが気になりその漫画を読んでみたということがある。
その人から○○を読んでください、などと言われたわけではない。
その人のツイートを見て、私が勝手に読み始めたのだ。

この人に直接勧められてはいないけれど、この人がきっかけで私はこの作品に手を出した、という経験が何度かある。
直接的に「観てください/読んでください」と言われるよりも、ただそのコンテンツを楽しんでいる姿が、布教効果を生むという事例は確かにあるのだ。


そしてこの度、私が影響を与える側になれた事例が起こった。
と言っても、私の影響を受けてくれた方がゼロからハマったという事例ではないので、布教と言うには少し異なる。
このブログで繰り返し話題に出しているが、私は三代目 J Soul Brothers(以下、三代目)が好きだ。
そんな三代目好きの私がきっかけで、最近三代目から離れていたが三代目が好きなことを再認識したと言ってくれた方がいるのだ。
これは私が全く意図していなかったことだった。


あまりにも身に余る言葉の数々に引用させて頂くのも恥ずかしいのだが、ドラタケちゃんさん(以下、主さん)の以下の記事で私のブログを紹介して頂いた。

doratake-3jsb.hatenablog.com


こちらのブログは先日私が書いた記事の中で、三代目に関する記事を紹介させて頂いたブログでもある。
しかし主さんに私のブログを訪問頂いたのは、私がこの記事で引用したことがきっかけではない。
私がこの記事を書く前に主さんの記事にはてなスターつけており(後で引用させて頂きたいと思ってブックマークもしていた)、それを辿って私のブログを訪問して記事を読んでくださっていたのだ。
その後私が引用記事を書かせて頂き、主さんが上の記事を書いてくださったという流れだ。

主さんのブログによって、私は「まだ三代目が好きである」ということを再認識しました。

三代目J Soul Brothersがやっぱり好きだと気づかされたブログ紹介 - ライティングハンター

主さんのブログを読みながら、自分が三代目を知ったきっかけや、徐々に好きになっていった時のことを思い出しました。

三代目J Soul Brothersがやっぱり好きだと気づかされたブログ紹介 - ライティングハンター

自分の好きな三代目について、自分のブログがきっかけでこんな風に思ってもらえるなんて、嬉しくないはずがない。

先に述べたように、もちろん私はこうなることを意図していたわけではない。
私のしたことと言えば、
①主さんのブログ記事を読んだ
②その記事にスターとブックマークをつけた
③その記事を自分のブログで引用した
ただこれだけだ。

主さんに三代目を好きな気持ちを思い出してもらおう等という意図はいっさいなかった。
何なら、実を言うと主さんが最近三代目から離れていたということも知らずに私は記事を引用してしまったのだ。
(引用させて頂いた記事が書かれたのが2018年4月と割と時間の経ったものだった)
記事を書いた後で、引用したものより後の記事を読ませて頂いてそのことを知り、そうとも知らず引用してしまって悪かったかな、と思ったりもした。
(とはいえ、これは良い記事だと思ったので紹介せずにいられなかったのだ)

その為、こんな風に自分のブログを逆に紹介頂き、三代目を好きなことを再認識するきっかけにして頂けるとは、夢にも思っていなかった。
ただただ感無量である。


このブログは人に何かを発信したいというよりは、自分の思ったことを書き留めておきたいという主旨から始めたものなので、こんな素敵な巡り合わせに恵まれるとは想定外の喜びだった。
私はこのブログの文章を基本的に「だ・である」調で統一している理由について、前に以下のように述べた。

ちなみにこのブログは文章を「だ・である」調で書くようにしているが、それは普段Twitterで日本語とも呼べないようなてきとうな呟きばかりしているので、まともな文章(当社比)を書く練習の場にしたかったという理由からだ。

推しのはてなキーワードの関連ブログ新着を埋めてしまった女 - 気が向く時しか気が向かない

まともな文章の練習ということなら「です・ます」調での統一でも良いように思えるが、それではなく「だ・である」調に統一したのは、「です・ます」調の文章だと誰かに向けて話しているような感覚があり気恥ずかしかったからである。
人に向けてのブログであれば「皆さんは三代目 J Soul Brothersをご存知ですか?」のような書き出しの記事を書いても良いのだが、前提が長めの独り言なので、やはりそういうスタイルは自分の目指すブログではないなと思って今の形に落ち着いている。

それでも今回のような出逢いには大変感謝しているし、このブログを読んでくれた方の読者登録や記事へのはてなスターにも感謝している。
以下のようにはてなブログ公式に記事を取り上げて頂いたことにも感謝だし、それをきっかけにこのブログに辿り着いてくださった方にも感謝だ。

blog.hatenablog.com

twitter.com

twitter.com


自分の思ったことを書き留めておく場として開設したブログだったが、それだけに留まらない面白さと出会え、はてなブログは面白いなと思う今日この頃である。
しかし私がTwitter等で「はてなブログ面白いよ!みんなもブログ書きなよ!」と言っても逆効果になる可能性が高いのでそこは口をつぐんでおく。
私がそう言わなくとも、このブログを読んだことで「ブログって面白そうだな、試しにやってみようかな」と思う人が現れてくれたとしたら、オタク冥利に尽きるというものである。

100万回ふぁぼりたいを叶えてくれるはてブのスター最高かよ

Twitterの機能のひとつに「いいね」がある。
ツイート下部のハートマーク♡をタップすることでつけられる「いいね」だが、以前は星マーク☆で「お気に入り」という名前だった。
「お気に入り」(favorite)時代の名残で未だに「いいね」のことを「ふぁぼ」と言い、「いいね」をタップする行為のことを「ふぁぼる」と言ってしまう。

この記事でも「ふぁぼ」、「ふぁぼる」の言い方を貫かせてもらうが、ツイッターのふぁぼには大きな欠点がある。
それは、1回しかふぁぼれないということだ。
ハートをタップすることでツイートをふぁぼることができるが、ハートを2回連打してもそれは2回のふぁぼとはならず、1回目のタップでふぁぼったものが2回目のタップで取り消されるだけだ。

私のようなオタクツイッタラーなら経験があるかと思うが、Twitterのタイムラインに流れてきたツイートに対して、100万回ふぁぼりたい!!!と思うようなことがある。
ツイートをふぁぼる目的として、後で読むためのブックマーク代わりにタップすることなどもあるが、単純に心の底から「いいね!」「尊い!!」「大好き!!!」と反射でふぁぼることが多い。
好きな作品のイラストだったり、漫画だったり、エピソードだったり……タイムラインに流れてくる素敵ツイートに対して、1回じゃ足りない、100万回ふぁぼらせろ、と思うことは日常茶飯事だ。


このブログを始めて、はてなブログにもはてなスターというTwitterのいいね同様に記事につけられるものがあることを知った。
ブログを始めてすぐの頃は自分のブログの記事を書いているだけだったのが、少しずつ他の方の記事も読むようになっていく中で、スターのついている記事というのも目にするようになった。
スターをつけた人のアイコンが記事の下部に表示されているのを見て、私はあることに気がついた。
どうも、同じアイコンが複数並んでいることがあるのだ。

まさか、はてなスター、一人が複数つけることが出来るのか?

長年Twitterに生きてきたツイッタラーとして、いやいやそんなまさかと思ったが、自分もいざ初めてスターをつけようとした時に、そのまさかが現実だということが確認された。
押せる。
何度でも。
連打すればするだけ、スターがつく。

正気か、はてなブログ
100万回ふぁぼしたい、と思ったら出来てしまうのだ。

さすがに100万回ふぁぼる頃には指が死ぬだろうし、ブログの書き手に「何この人怖……」と思われては伝えたい意図が伝わらないと思うのでそこまではしていないが、タタタンッと勢いのまま連打し3つや4つスターをつけることは当たり前にやってしまう今日この頃だ。
本当に反射的にタップしているので許してほしい。

100万回ふぁぼりたい、を叶えてくれる場所がこんなところにあったとは。
今後も面白い記事を読んだ時には気軽にはてなスターをタップしていきたいと思う。


【2018.11.12追記】
この記事にはてなスターを複数付けしてくださる方がいること、記事の内容が内容だけに面白い。