気が向く時しか気が向かない

LDHにハマった二次元オタクのよろずジャンルブログ

続・理想の飲むヨーグルト

先日、理想の飲むヨーグルトに出会った話をした。

mmr-ns.hatenablog.com

あれ以来「明治ブルガリアのむヨーグルトプレーンコク仕立て」を何度か繰り返し買っている。
出会いは近所のファミマだったが、その後会社の近くのセブンイレブンにもあるのを見つけた。
家の最寄りのセブンにはなかったが、少し足を伸ばした近所のセブンにはあった。
会社近くのローソンは二軒チェックしたが二軒とも置いていなかった。
とりあえず自分が普段行く範囲のコンビニについては、置いている・置いていないを確認し尽くしたところだ。


私はいつも出勤時に会社最寄駅から会社までのコンビニで昼食を買っている。
選択肢としてセブンとローソンがあるのだが、一つ前の記事で述べたように最近はもっぱらローソンを使っている。
しかしローソンは、私の理想のヨーグルトを置いていない。

朝コンビニによる時は、昼食を買うだけの時もあれば、午前中仕事をしながら飲む物を一緒に買う時もある。
そして、その飲み物に飲むヨーグルトを選びたい日もある。
しかしローソンは、私の理想のヨーグルトを置いていない。

理想のヨーグルトに出会ってからそれ以外の飲むヨーグルトを飲んでいなかった私だが、昼食の為に朝ローソンに寄った時に、今日は飲むヨーグルトを飲みたい気分だ、という日があった。
そこで仕方なく、私は別の飲むヨーグルトを買った。

f:id:mmr_ns:20181102223924j:plain

無糖の飲むヨーグルトではないのだが、甘さがそこまで主張しておらず酸味の存在感があり、さっぱりした飲み口だった。
濃厚さを求める場合には少し物足りないかもしれないが、甘さより酸味をと思っている人には良いと思う。

www.ohayo-milk.co.jp


話はそれるが濃厚さと言えば、私はサラッサラの「ヨーグルトドリンク」の癖に「飲むヨーグルト」を名乗る飲み物が許せない。
飲むヨーグルト」とヨーグルトを名乗るのならそれなりのヨーグルト感を残せ、ヨーグルト風味のサラッサラの液体は「ヨーグルトドリンク」と名乗れ、と思っている。
何を満たしていれば飲むヨーグルトを名乗ってよいのか厳密な定義は知らないが、「飲むヨーグルト」と名のつくものを買ってそのサラッサラぶりに残念な思いをした経験があるのでずっと抱いている思いだ。

その点コンビニのプライベートブランド商品の飲むヨーグルトは、「飲むヨーグルト」を名乗っているのに「ヨーグルトドリンク」だったというハズレがなく安心感がある。
ラインナップに無糖がないことだけがただただ惜しい。
セブンには糖類・カロリーオフ(糖類51%オフ、カロリー43%オフ)のものならあるのだが、オフとか生温いことを言っていないで無糖を出してほしい。
7premium.jp


とりあえずしばらくは「明治ブルガリアのむヨーグルトプレーンコク仕立て」と「OHAYOきょうの鉄分葉酸のむヨーグルト」に頼る飲むヨーグルトライフになると思う。
無糖の飲むヨーグルトの繁栄を願って止まない。