気が向く時しか気が向かない

3次元・2次元の推しの話から日常の話まで

パンとバスとふみへの共感

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』(以下、パンバス)のDVD&Blu-rayが本日発売日を迎えた。

パンとバスと2度目のハツコイ [Blu-ray]

私がこの作品を知ったのは、三代目 J Soul Brothers(以下、三代目)の山下健二郎(以下、健ちゃん)が出演していることがきっかけだった。
三代目ファンの私は、健ちゃんが出るなら観ようかな、と行けたら行こうくらいにぼんやりと思っていた。

そうやってぼんやりしていたが為に、公開日からそこそこ日が経ってから初めて予告編動画を観るという体たらくだったのだが、それを観て「この映画はおそらく……だいぶ自分に響くやつでは……?」と思った。


youtu.be


観たい。観に行かなくては。
と思ったが、公開から日が経っていることもあり上映劇場がだいぶ限られていた。
それでもなんとか都合を付けて観に行くことが出来た。


予告を観た時点で感じていた通り、主人公・ふみに共感出来る部分がかなりある作品だった。

「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と、独自の結婚観を持ち、パン屋で働く市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日偶然再会したところから物語は始まる。(中略)”恋愛こじらせ女子“の面倒な恋が動き出す!?「結婚」をテーマに、コミカルで人間交差点的な今泉力哉ワールド全開の恋愛群像劇が繰り広げられる。

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』公式サイト


公式サイトのイントロダクションより引用したが、冒頭の「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」がまず共感出来た。
しかし、ふみが「独自の結婚観」を持っているとされ、そんなふみが「恋愛こじらせ女子」と見られるということには少し衝撃を受けた。
ふみにめちゃくちゃ共感出来るということは、なるほど、私もこじらせているのか、と。

今まで付き合って来た人と何が違うの?

なんで私と別れないって言い切れるの?

一人になりたくなっちゃう人

寂しくありたいんだと思う


以上のフレーズは全て予告編に出てきたものだが、最後の「寂しくありたい」以外には全て共感できた。

ふみの言う「一人になりたくなっちゃう」は、その理由として「寂しくありたい」がある。
私の場合「一人になりたくなっちゃう」のは「一人が寂しくない、むしろ楽」だからだ。
別に「寂しくありたい」とは思っていない。
他人から見たら寂しい人に見えたとしても、私は寂しいと思っていない。


そんな風にふみの全てが自分と重なるわけではなかったが、ふみの台詞の数々に共感出来る部分は多く見つかり、作中で一番共感出来る登場人物もふみだった。

私のふみへの共感は、私もまさにその通りの言葉でそう思っていた、という感覚よりは、言葉に出来ない自分の恋愛観・結婚観を言葉にして説明してもらえた感じだった。
ああこれは、自分のためのストーリーかもしれない、自分の恋愛観・結婚観を説明する作品を見つけてしまった、と思えた。


ふみへの共感を取っ掛かりに結婚観を語ってもいいのだが、書くのに結構疲れそうな気がするので、それはまた気が向いたら。
とりあえず、以前は漠然といつかは結婚したいと思っていたのだが、パンバスのお陰で自分の結婚観の輪郭が多少はっきりして、焦って結婚しようとしなくてもいいかという気持ちを持てるようになった。(それが良いか悪いかはさておき)


パンバスは繰り返し観たいエンタメ色の強い映画とは違うので、私は円盤よりむしろノベライズを手元に置いておきたい作品だと思った。
ふとした時に小説本のページをめくって、作中の共感出来るふみの台詞を見に行きたい。
映像作品でそれをやろうとするとそこまで気軽に出来ないので、本の形をした媒体があったらありがたい。
そう思って鑑賞後にノベライズは出ていないのかと調べたりもした。
残念ながら出ていなかったが、パンフレットだけは入手し、この記事を書く際に引っ張り出してきて久しぶりに読んだ。


そんなわけで、とりあえず円盤は購入していないのに発売に際してこんな記事を書いてしまったのだが、発売と同時にレンタルも開始しているというので久しぶりに観たいなという気はする。
それとも、親に結婚の予定はないのかなどと聞かれた時に叩きつける用に、円盤を買っておいた方が良いだろうか。

いずれにしても、久しぶりにふみと向き合ったら共感の嵐が再び吹き荒れること必至なので、近いうちに観られたらいいなと思う。
健ちゃんが出演していなかったら出会うこともなかったかもしれない作品なので、健ちゃんにはとても感謝している。