気が向く時しか気が向かない

LDHにハマった二次元オタクのよろずジャンルブログ

電子書籍の試し読み効果で私が買った作品たち

漫画の単行本を買おうという時に、紙の書籍と電子書籍のどちらを買うか、選択する理由は人それぞれだと思う。
私の場合、昔は紙の書籍一択だったが、最近は紙で買いたいものは紙で、電子で良いものは電子で、と作品によって分けている。

あらゆる問題を想定せず取っ払って答えて良いのなら、紙の書籍と電子書籍のどちらが好きかという問いには紙の書籍と答える。
やはり書籍はページを1ページ1ページ捲っていく感覚が好きだ。
表紙や遊び紙などに使われる紙が作品によって異なったりと装丁にバリエーションが生まれるのも魅力的だ。
あのシーンってどのへんだったっけ、とページをパララララと高速で捲る行為が出来るのも、電子書籍には出来ない紙の書籍の大きなメリットの一つだと思っている。


しかし、紙の書籍はどうしても場所を取る。
収納スペースが有限であることから、最近は電子書籍を購入することも増えた。

場所を取らないことは電子書籍の大きなメリットの一つだが、私がそれと同じくらい大きなメリットだと考えるのは、電子書籍の試し読みの自由さである。


紙の書籍が並ぶ書店でも、試し読み用の単行本(1冊丸々ではなく途中まで読めるように一部にビニールをかけてあったりする)や試し読み専用の小冊子を置いていることがある。
それらは対象の単行本が陳列されている側に紐で繋ぐなどして置いてあることが多い。
中にはレジ横などに「ご自由にお取りください」などと持ち帰れる無料の試し読み小冊子が何冊かおいてある場合もある。
以前書いた記事で触れた試し読み小冊子もそのパターンだ。
mmr-ns.hatenablog.com

しかしそれらの試し読み冊子は、書店にある全ての書籍のものが置いてあるわけではない。
試し読み冊子が用意されているのは、書店にある書籍のうちのほんの一部でしかない。
やはりスペースや手間の問題があり、全ての書籍に試し読みをとはいかないのであろうことは容易に想像出来る。

また、読んでみたい本の試し読み冊子が用意されている場合も、持ち帰り用の無料小冊子でなければ、置いてあるのは1冊だけだと思う。
1冊しかない試し読み冊子を他の人が読んでいる場合には、その人が読み終わるのを待たなくてはいけない。


ところが電子書籍の試し読みには、それらのデメリットがない。
まず電子書籍の場合、サイトにあるほぼ全ての漫画に試し読みページが用意されていると思う。
試し読みのページ数は作品によってまちまちな為、中には中表紙と目次くらいしか試し読みさせずに「続きは本編でお楽しみください」などと表示する名ばかりの試し読みもあり、それはどうかと思う。
しかし多かれ少なかれ、全ての作品の試し読みを置ける環境は整っていると言える。
なぜなら電子書籍は試し読み冊子を置くスペースのことも、書店員が冊子をいちいち配置する手間も考えなくて良いからだ。

そしてその試し読みを、時間場所問わずどこでも読めるというのがまた大きい。
書店の営業時間中に足を運び、他の人が読んでいないタイミングを狙って試し読み冊子を読む、といったことをする必要がない。
自分のスマホさえあれば、家でも電車でも、いつでもどこでも試し読みをすることができる。

これは私が普段利用しているLINEマンガの例だが、数十ページの試し読みと言わず、期間限定で丸ごと1巻、時には3巻までやそれ以上の単行本を無料で読める場合もある。
また、LINEマンガには無料連載というのもあり、LINEオリジナル作品の連載の他、他の雑誌で連載していた・連載している作品を第1話から復刻連載のような形で更新している。(最終話までは更新せず途中で終わることが多い)
それらの期間限定○巻無料だったり無料連載だったりも、広義では試し読みだと言える。


期間限定無料○巻無料や無料連載をきっかけに購入に至る人がどれくらいいるのかはわからない。
しかし販促効果が少なからずあるのは確かだ。
なぜなら、私自身が期間限定○巻無料や無料連載をきっかけに何度も電子書籍を購入しているからだ。

もちろん、無料分を読むだけで購入に至らなかった作品も、購入したものより遥かに多くあるが、その買う買わないを見極める判断材料として期間限定○巻無料や無料連載を使っていいのではないかと考えている。

もちろん無料分だけ読んで全く買わないという人もいるだろう。
しかし本来読むのに金がかかるものを無料で読ませてしまったからといって、それは損失ではないと思う。
無料にしていなければそういう人が金を払ってくれたという可能性は極めて低く、そういう人は無料でなかった場合にはただ読まなかっただけではないだろうか。
そう思うと、試し読みした作品を全く買うことなく無料で読むだけの人に1巻くらい読ませてしまっても、その1巻無料がきっかけで続きの巻を購入する人を掴めたら、無料で読ませる試し読みはやはり意味のあるものだと思う。
世間で配られている無料サンプル等も、受け取った全員が全員客になることなんて想定していないはずで、それと同じ話だ。


さて、期間限定○巻無料や無料連載の販促効果の証明として、私が購入した作品と経緯を以下に載せる。
販促効果があるのか私がちょろいのかについては言及しないでおく。

※リンクが見やすいので便宜上Amazonのリンクを貼るが、私が購入に使っているのはLINEマンガ。


無料連載をきっかけに全巻揃えた作品

DEATH NOTE

無料連載自体はLINEマンガではなく少年ジャンプ+で読んでいたのだった気がする。
1話1話公開に合わせて読んでいくのがじれったくなり、どこかの時点で連載最新話の続きの単行本を購入し、結局その前の分も購入して全巻揃えた。
全巻読んだことのある作品だったが単行本は持っておらず、無料連載で久々に読んでやっぱり面白いと買ってしまったパターン。

午前3時の無法地帯

無料連載を読んでいて、無料連載終了時に続きも読みたいと素直に続きを購入。
無料連載で読んだ分の巻も購入して全巻揃えた。
さらに同シリーズ扱いの続編の『午前3時の危険地帯』、『午前3時の不協和音』も全て揃えた。

期間限定○巻無料をきっかけに全巻揃えた作品

富士山さんは思春期

作品タイトルは知っていて1巻無料になっていた時に読んでみたら面白く、次巻以降も読みたくなった。
一気に全巻というわけではなく、少しずつ買い足していった。
基本的に1話完結エピソードなので、続きが気になる場所で終わった!みたいなことはないのだが、すごく見守りたい二人の話で次巻が読みたくなってしまい、最終巻まで辿り着いた。

ミリオンジョー

ミリオンジョー(1) (モーニングコミックス)

ミリオンジョー(1) (モーニングコミックス)

モーニングで連載していた時に読んでいたから結論も知っていたのに、1巻無料を読んで続きを読みたくなり、全3巻なので一気に全部買ってしまった。
国民的大人気少年漫画の作者が急死したことをその担当編集が隠しながら、秘密を共有している人たちと連載を続けようとする話。オススメ。

ミュージアム

実写化の頃だったか1巻無料だったので読んだが、続きが気になり全3巻購入。
サスペンス的な怖い作品なので先も気になり1巻で止められるはずもなかった。

トモダチゲーム

確か3巻くらいまで無料だった時に読んだはずで、続きの気になる作品だったので当時の最新巻まで順に購入。
現在も連載中なので、新刊が出る都度購入する作品となった。
実写化のだいぶ前から読んでいるが実写は観そびれたので、観てみたい気もする。

無料連載をきっかけに一部の巻を購入している作品

ドンケツ

ドンケツ 1 (ヤングキングコミックス)

ドンケツ 1 (ヤングキングコミックス)

本家連載の更新に追いついてしまう時には少し待ちつつ、無料連載をずっと続けてくれているありがたい作品。
その為無料連載で全話読めてはいるのだが、お気に入りの巻は購入している。
一時、紙の単行本を集めようかと買っていたが、やはり電子にしようと紙の方は手放した。
財力さえあれば一気に全巻購入したいところだが石油王でない為二の足を踏んでいる……いつか揃えたい。
めちゃくちゃ熱いヤクザマンガ。お気に入り。

湘南爆走族

湘南爆走族 (電子書籍版) 1

湘南爆走族 (電子書籍版) 1

今現在、連載してくれているのを追っている。
めちゃくちゃ好きなのでこれも全巻集めたい勢いだが、とりあえず好きなエピソードの載っている巻だけ購入。
無料連載のラインナップに登場させてくれたことで昭和の終わりに連載していた古い作品をこうして知ることが出来たので、そういう出会いをくれる面でも無料連載には感謝。

光とともに…

光とともに… (1)

光とともに… (1)

無料連載で読んでいて面白かったので、無料連載が終わった時にその続きの巻を購入。
富士山さんは思春期』でそうしていたように、少しずつ1巻1巻買い進めていてまだ最終巻には辿り着けていないところ。

期間限定○巻無料をきっかけに一部の巻を購入している作品

王国の子

王国の子(1) (ITANコミックス)

王国の子(1) (ITANコミックス)

期間限定1巻無料をきっかけにその続きの巻を購入。
富士山さんは思春期』でそうしていたように、少しずつ1巻1巻買い進めていてまだ最終巻には辿り着けていないところ。

響〜小説家になる方法〜

実写化に合わせての期間限定3巻無料をきっかけにその続きの4巻を購入。
まだ5巻以降を買えておらずこれから読み進める予定。
ちなみに3巻は期間限定無料で既読だったが、とても好きなエピソードがあるため、読んでいない5巻以降を買い進めるより先に3巻だけ買ってしまった。


と、こんな具合に買い方はまちまちであるが、どの作品についても期間限定○巻無料・無料連載がなかったら今も購入していなかった可能性は高い。

私にとってLINEマンガの無料漫画は、決して無料で読めるから読むというだけで終わるものではなく、買ってまで読みたい作品と出会うための大切なきっかけだ。
三次元コンテンツにハマってから以前と比べて漫画を読む量がだいぶ減ってしまってはいるのだが、これからも面白い作品に出会うきっかけとして、試し読みを上手く活用していきたい。