気が向く時しか気が向かない

3次元・2次元の推しの話から日常の話まで

だから言ったでしょ「いつまでもあると思うな推しのSNS」って!

先日、私の三次元の推し・小林直己(以下、直己)のSNSに関する記事を書いた。


mmr-ns.hatenablog.com


新年早々、というより新年という区切りだからこそだろう、また推しがやってくれた。
と言っても、今回は厳密にはSNSではない。

先の記事内で話題に出した、公式モバイルサイト「EXILE TRIBE mobile」内の「Session 1」という直己のコーナー。
ファンの書き込みに対して直己が返事を返してくれるこのコーナーの、これまでの履歴が全部消えた。
ファンの書き込みも。直己からの返事も。全部消えた。


この「Session 1」には、テーマごとに設定されたいくつかのトークルームがある。
書き込みが消えたと言うよりは、今まであったトークルームが全て消されて、今までと違うテーマのトークルームが新たに置かれたという感じだ。全取っ替えだ。

私は1月1日には「Session 1」にアクセス出来なかったので、正確なリニューアルのタイミングは実はわからない。
(年始でバタバタしていたのもあるが、Instagramのストーリーズでの更新通知に頼り切っていた為、通知がないからと油断していた)
しかし現在ある各トークルームの書き込みがどれも1月1日以降の書き込みしかないので、年明けを境にリニューアルしたということなのだろう。


あんな記事まで書いて「推しのSNSはいつ消えるかわからないんだぞ!」と主張していた私だ。
もちろん、「Session 1」についてもスクリーンショットの保存はしてきている。

私もトークルームへの書き込みに一度だけ返事をもらったことがあるので、自分の書き込みへの返事はもちろんスクショを撮った。
念入りに3回くらい撮った。
それだけにとどまらず、推しからのレスポンスが嬉しすぎた古のオタクは、スクショ画像をプリンターで印刷してラミネーターにかけてラミネート加工した。

f:id:mmr_ns:20190104230245j:plain

これをいつもスケジュール帳に忍ばせている残念なオタクなわけだが、だって推しからの自分宛の返信ったらそりゃあおめえそれくらいするだろってなもんで。
気持ち的にはB2ポスターサイズに印刷して部屋に貼りたいくらいだ。


印刷・ラミネート加工までしたのは自分の書き込みに対する直己の返事だけだが、他の人の書き込みに対しての直己の返事についても、全てではないが割とスクショを保存している。
自分のした質問でなくとも、他の人の質問への答えから直己の考えを色々と知ることが出来るのが「Session 1」の面白いところでもあり、他の媒体に掲載されていない直己の言葉だ!ありがたい!とやたらめったらスクショしていた。

しかしそれがこんなに早くも役に立つとは思っていなかった。
一昨年11月には、Twitter&Instagramのリニューアルと称した全件削除もあった。
昨年9月の「Session 1」開設後、モバイルの直己個人ページにそれまであった他のコンテンツがひっそり消えたりもした。
それらを経験しているから、今更驚かないけれど。
「Session 1」開設から半年も経たずにリニューアルとは。
恐れ入った、やってくれるぜ私の推し。

私もTwitterなんかはすぐツイ消ししてしまうタイプだから、気持ちがわからないでもない。
過去の発言がいつまでも残るというのは考えてみると怖い。
私と推しとでは全く立場が違うので、一般人のSNSと芸能人のそれを比べても意味はないけれど。
予告なく本当に突然消すと来るもんだから。
そういうとこだよ。
好きだけど、そういうとこ。


年明けに三代目 J Soul Brothersのドームツアーの発表があり嬉しい限りなのだが、それとは別に新年早々推しに思わぬ衝撃をもらってしまった。
私の推し、こういうところあるんだよなあ、と改めて推しを応援する覚悟を胸に刻んだところで、先の記事と全く同じ文章で締めようと思う。

推しのSNSを当たり前にいつまでもあるものと思わずに、そのありがたさを日々忘れずに享受していきたい。
皆さんも是非こまめな保存を心がけ、後悔のない推しライフを。


www.instagram.com