気が向く時しか気が向かない

3次元・2次元の推しの話から日常の話まで

ブログ以外にも人に見せる前提の日記はある

こんにちは、三森乃沙です。
気づけばこのブログを開設してから7ヶ月が経過していました。
最近、総アクセス数が2万を、総はてなスター数が2千を超えました。
本当にありがとうございます。
書き出しでお察しではありますが、今日の記事は「だ・である調」を取っ払った口調解放スタイルです。

というのも、この手の話題の時はいつも口調崩してたから今回もそうしとくかな、程度のものなんですが。
どの手の話題? あれです、ブログを人に読まれることを意識する意識しないだの、アクセス数を気にする気にしないだの、って話題。


mmr-ns.hatenablog.com

mmr-ns.hatenablog.com


アクセス数とはてなスター数がいい感じに節目だったんで冒頭で触れてはみたけどそれはあまり関係なくて。
少し前に気づいて記事書きたいなーと思ってたことがあって、なかなか書けないうちに2万・2千を超えちゃってたってだけなんですが。

ブログを人に向けて書くだとか読まれることを想定するだとかについての話を、先に挙げた記事でかつて書いたのですが。
最近気づいたんですよ、ブログ以外にも人に見せる前提の日記があるってことに。(記事タイトル回収)


皆さんは、初めて日記を書いた時のことを覚えていますか?

私? 覚えてないです。
覚えてないけど、おそらく、小学生の時じゃないかと思うんですよ。
夏休みの宿題で出された絵日記とか一行日記とか。
あさがおの観察日記、とかもあるか。
私以外にもそういう人は少なくないんじゃないかなと思う。

さてその夏休みの宿題の絵日記。
日記という名前ではあるけれど、宿題である以上、書いたものを先生に提出します。読まれます。場合によっては、教室にクラスメイトの分が全部貼り出されるってのもあるかもしれない。
初めて書いた日記が、人に読まれることを前提としたものだった人はきっとめちゃくちゃ多いんじゃないかな。


一般的に日記と言えば、書いた本人以外の目には触れないようにするものだと思います。
例は出てこないけど、「人の日記勝手に見るなんてサイテー!」みたいな台詞を家族にぶつけるドラマとかマンガとかありそうですよね。ないかな。
あの夜神月くんだって、デスノートを隠すために机の引き出しを二重底にして無理矢理開けると燃える仕組みを作った上で「日記が入ってて見られたくないから燃える仕組み作りました☆で通るっしょ☆」みたいなことを言ってます。それが日記です。(しかし普通の人は日記見られたくないからと言ってさすがに燃やすまではしないと思う)

そんな日記だけど、初めて書く日記は人に読まれることを前提としたものだなんて、面白いな、と。
でもそうもなるか、と思ったんです。
日記が人に見せないものであるなら、つまり人の書いた日記なんてものを見たことがない、その状態でいきなり日記を書こうとするか、書けるか、というと、難しい気がします。
人には見せない日記といふものを私も書いてみむとて書くなり!ってなりますかね。ならんやろ。

そう考えると、初めての日記を書くきっかけをくれる絵日記という宿題すごいな?と。


あと小学生が書く日記といえば思いつくのはあれですね、交換日記。交換ノートとも言ったり。
小学生の時と中学生の時にやってました私は。
最近の小学生・中学生もやるんですかね?
SNSやらなんやらが発達したこの時代にわざわざ紙のノート回したりしないのかな……?

交換日記はやはり人に見せる前提の日記だけど、その反面、交換日記のメンバー以外には絶対見せちゃダメ!メンバーだけの秘密!といった側面がありますよね。
人に見せる前提というか、書いた人以外には見せない日記の性質はそのままなんだけど書く人が増えてる、という感覚かな。
1つの日記を複数の書き手で共有しているというか。
でもやっぱりメンバーに向けて書く日記だから、ちょっと手紙みたいな文面になったりもしてね。
今日は部活で疲れたよ~!とか。
あの課題もうやった?全然進まないよ~!とか。
メンバーに見せる前提で書かれる日記であり、メンバー以外の人には絶対見せない日記という、2つの側面を持つ日記。面白いなあと。


えっと、何の話をしてましたっけ。
そうそう、人に見せないものであるはずの日記だけど、初めて書いた日記は人に見せるものではありませんでしたか?って話。
それを経て、人には見せずに書く日記をつけたことのある人もいれば、その延長でブログを書き始めた人もいるのかなあと思ったりしました。

ブログにはレビュー系のブログもあったりしますけど、夏休みの宿題でいうと読書感想文が初めての作品レビューみたいなところはあるかもですね。
初めて書いた読書感想文、なんだったかなあ……覚えてないな……。
学校の勉強が生きてくのに必要かどうか~みたいな論争ってあると思うけど、必要かどうかはさておき、みんな多かれ少なかれ文章を書けるのってやっぱり義務教育通ってきたってのはあるでしょうね。
日本の識字率みたいな話にもなってくるか、そこまで広げるつもりはなかったけど。
うん、面白いですね、文章書くのって。
ブログは楽しいね。(乱暴なまとめ方)


今までの口調解放記事と比べてもだいぶだらだらした記事になりましたね……。
文字数、約2200字。約15ツイート分。


ここまで読んで頂きありがとうございました。
三森乃沙でした。