気が向く時しか気が向かない

3次元・2次元の推しの話から日常の話まで

頑張りすぎない為に目標を下限ではなく上限で設定する(自炊の話)

一人暮らしを始めてから約3ヶ月半が過ぎた。
初めての一人暮らしということで、引っ越した際、これから自炊を頑張ろうと決意した。
それと同時に、頑張りすぎないようにしようとも思った。

頑張りすぎない為に私が設けた自炊についてのルールがある。
それは夕飯についてのルールで、「ご飯・味噌汁以外に2皿しか作らない」というものだ。


私の母は夕飯に一汁三菜を作ってくれる人だった。
実家の夕飯にはいつもご飯と味噌汁の他に、主菜、副菜、小鉢の計5つの皿が並んでいた。
例外として、カレーの日にはカレーとサラダの2皿、というような日もあったが、基本的には5皿並ぶ日の方が多かった。

そんな母の食卓に釣られてか、実家にいた頃たまに料理をする時は、私も5皿用意することが多かった。
例えばこんな感じ。

f:id:mmr_ns:20190509075825j:plainf:id:mmr_ns:20190509075817j:plain
f:id:mmr_ns:20190509075805j:plainf:id:mmr_ns:20190509075735j:plain

5皿用意しろと母や家族に言われたわけではない。
家族の為に毎日料理を作っている母は、誰かが料理をしてくれて食べるだけなのって楽だわ、と何を作っても喜んで食べてくれた。
私も昔は料理のレパートリーが少なく、学校の調理実習で作ったメニューをそのままレシピ通り作るなどしていたので、その場合は5皿にはならなかった。
しかしだんだんと冷蔵庫にあるものを使って特にレシピを見るでもなくなんとなく味付けをして名前のない料理を作るスキルを身に付けていった。
普段食べている食事と同じような食事を摂りたい意識もあってか、調理実習完コピメニューではなく、自然と一汁三菜を作るようになった。


しかし、一人暮らしにおける自炊で毎日5皿を用意するのはまず無理だろうな、と試してみる前から思っていた。
毎日夕飯を用意してくれていた母は働いてこそいたが、パートタイムの勤務の為、仕事後に買い物をしても17時前には帰宅していた。
対する私の仕事の定時は17時。
一人暮らしを始めたことで通勤時間が少し伸びたし、買い物もするとなると帰宅時間はより遅くなる。
そうやって帰り着いて、これまで毎日帰って母の作った夕飯を食べるだけだった人間が、毎日5皿を作る。
急にハードルを上げすぎなのは目に見えてわかった。

頑張って自炊を続けてはいきたいが、無理をして挫折してしまっては意味がない。
そこで設けたのが、「ご飯・味噌汁以外に2皿しか作らない」というルールだ。

帰宅時間の問題もあるが、新居のキッチンのコンロ数が実家と比べて減るのも、そのルールを設けた理由のひとつだった。
実家のキッチンにはガスコンロが3口あった。
コンロが3口あるというのはとても便利で、右のコンロで主菜を作りながら、左のコンロで副菜を作り、奥のコンロで味噌汁を作る、といったことが出来た。
しかし新居のキッチンはIHヒーターが1口のみ。
同時に複数の鍋が使えないとなると、料理の品数を増やすのも難しい。
同じIHヒーターで、1つ作り終わってから次の料理に取りかかると、1つ目の料理は覚めるし時間もかかる。
その為、一汁三菜という考えは捨てた。


別に上限を決めなくとも、余裕がある日には5皿用意してもいいのでは、と思う人もいるかもしれない。
しかし、余裕のある日に5皿作ることをたまにでもしてしまうと、疲れ切って簡単な物しか用意できなかった日の食卓と5皿並んだ食卓とを比べてしまう気がした。
また、「ご飯・味噌汁以外に最低1皿は作る」と目標を下限で定める方が一般的かとは思うが、自分はそれはやめておこうと思った。
本当に疲れた時は自炊をサボってまた明日頑張ればいいし、ご飯と味噌汁にこだわらず簡単にパスタ一皿で済ませたっていい。
そういった意識には、「ご飯・味噌汁以外に最低1皿」というような下限を定める目標は合わないと感じた。


そうした理由から定めた「夕飯はご飯・味噌汁以外に2皿しか作らない」というルール。
一人暮らしを始めてからこれまで、実際にこのルールを守ってきた。

これまで作った料理は、1食1投稿単位でインスタグラムに記録してきた。
(この為にアカウントを新たに作ったわけではなく、推しの投稿を見たいが為だけに登録して全然投稿していなかったアカウントを活用することにした)


www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com


たまに1食単位でない投稿(サラダチキンを作ったとかおやつを作ったとか)もしてしまっているので投稿数は多少盛られているのだが、約3ヶ月半で投稿数が252。
1日3食が1ヶ月で90食、3ヶ月半なら約300食ということで、悪くないペースだとは思っている。
実際、平日に料理を作るのが面倒で何か買って帰ったり食べて帰ったということはほとんどなく、それよりは休日に出掛けた先で外食をするなど、理由があって自炊が出来なかったという日の方が多い。


また、インスタの投稿にもひとつのルールを設けている。
それは「写真を載せるだけで文字は一切打たない」というものだ。*1

最低限写真だけは載せて余裕があったら文字も打つ、などとしてしまうと、やはり文字を打った投稿と写真のみの投稿を比べてしまうのではないかと思った。
それに、文章を添えて投稿したいからと文章を打つ時間を確保出来る時まで投稿を先伸ばしにしたり、それで投稿しそびれたりということは避けたかった。
そういった理由から、写真のみの投稿を上限とし、文字は一切打たずに撮ったその場で投稿するスタイルを取った結果、インスタの投稿も続けられている。


同級生にはもう結婚している友達や子供のいる友達もおり、この歳で自分のためだけに料理をして自炊だ自炊だと騒ぐものでもない気はするのだが、人は人、自分は自分だ。
とりあえず実家にいてただ母の作るご飯を食べていただけの頃よりは成長出来ているであろうことが嬉しい。
疲れていたり忙しかったりといったことがなければ、料理をすること自体は辛かったり嫌だったりしないので、引き続き色々なものを作っていければと思う。

*1:2019.5.30 追記。ふと思い立って、過去のインスタ投稿を編集してタグだけつけてみることにした。自分の投稿の中から、朝食のみ、昼食のみ、夕食のみ、といったソートが出来るようになって楽しいと発見した。文字は打たないルールとしていたが、タグ付けだけなら頭を使わずに出来るので、今後の投稿ではタグだけ付けていこうと思う。