気が向く時しか気が向かない

3次元・2次元の推しの話や日常の話などを気が向いた時に

推しの腹筋がバキバキだから筋トレを始めたオタクの2年目(その7)

ブログを書く頻度が下がってしまっても、こうやってほぼテンプレで書ける記事のシリーズを作っておいたことで少なくとも月に一度は楽に更新が出来る。
ブログ更新の促進になって助かるなと過去の自分に感謝しながらの筋トレ経過記事だ。

mmr-ns.hatenablog.com

体脂肪

f:id:mmr_ns:20190801174453p:plain
f:id:mmr_ns:20190801174505p:plain

2018年7月平均:23.73%
2019年7月平均:24.24%
(測定日数:26日)

昨年比:+0.51ポイント
判定:×

(判定基準)
昨年の数値 > 今年の数値 → ○
昨年の数値 < 今年の数値 → ×

体重

f:id:mmr_ns:20190801174526p:plain

2019年7月平均:49.08kg
(測定日数:26日)

筋トレ日数

f:id:mmr_ns:20190801174608j:plain

2019年6月末累計:238日
2019年7月末累計:260日

今月実施日数:22日間
判定:○

(判定基準)
実施日数20日以上 → ○
実施日数10日以上20日未満 → △
実施日数10日未満 → ×


この毎月の記録をつけ出してから初めて、体脂肪率の判定が×になってしまった。
これまでにかろうじて前年を下回ってのギリギリの○判定という月もあったので、ここに来て急にと驚くような話でもないがやはり残念だ。
グラフを見ても、昨年のグラフのように夏に向けて徐々に下がる形にはならないながら○判定を保っていた感じである。
昨年と今年の大きな違いと言えば、やはり実家を出て一人暮らしを始めたことなので、実家にいた昨年は親の作るバランスの良い食事に助けられていたのかなという気もする。

私の昨年の体脂肪率平均のグラフは8月が1番低い結果となったが、以下の記事で取り上げた論文の調査では7月に体脂肪率の最低値を示したという結果があった。

mmr-ns.hatenablog.com

生活に気をつけて過ごしたとしても、季節変化によって今月より来月の平均値が上回ることは十分に有り得るということだ。
しかしそういうものだと諦めるでもなく開き直るでもなく、今一度日々の食生活と筋トレを意識して、上昇するにしてもその幅を少しでも小さくしていきたい。
これから冬に向けては季節的に体脂肪率が上がっていくのは仕方ないとして、それに心が折られることなく、あくまで昨年を下回ることを目標に励みたいと思う。